2018年12月6日木曜日

ツールいろいろ「ピンセット」


小さなパーツを扱うために様々な形態のピンセットがあります。
私が愛用しているのは30年ほど前に京都の医療器具店で求めたピンセット。
先のぴったりと揃うところとはさみ具合が気に入っています。最近、極細用というマイクロピンセットも加わりましたが、やはり長年慣れたものの方が出番は多いのです。
このほかにも先のちょっと丸いタイプはモザイク織用だったり、活字をつまむためにしっかりしたタイプ、めったに出番はないけれど、金箔用の竹のピンセットなどが静かに待機しています。

2018年11月1日木曜日

冬支度と手帳



あっという間に11月、2019年の予定も入れたいので手帳を変えようと思っています。
9月のうらわ美術館のワークショップで来年の手帳を素材に作った表紙素材をちょっと変えて、山羊の半革装の手帳を一年使う予定です。
麻布に刺繍した表紙でくるみ、プリーツと一緒に綴じています。
アトリエは季節もちょっぴり早くめぐってくるので、薪ストーブの活躍する日も遠くなさそうです。

2018年10月16日火曜日

記事とワークショップ


10月14日の日経新聞NIKKEI The STYLE に『ルリユール』の特集ページ。
私の作品写真2点とシュミーズ(保護ジャケット)が掲載されています。


14日は、岩崎ミュージアムでの「フランス装のノートをつくる」ワークショップ。
展覧会場の中央にテーブルと照明を設置していただき、展示をご覧になるにはちょっと見づらい時間で申し訳ありませんでした。製本が初めての方や毎回ご参加くださる方々15名それぞれのマーブル紙フランス装のノートが出来上がりました。
フランス語で「エチケット」と呼ぶ貼りタイトルもつけて、お持ち帰りいただきました。

2018年9月30日日曜日

秋の図書館展会場より

27日より秋の図書館展が始まりました。雨模様のなかお越しくださいましたみなさまありがとうございます。初日の会場風景写真です。

  

私と岩切さんの壁面展示。
本作品は、版画本
Herbæ Libri』と梨木果歩さんの『冬虫夏草』です。
私の本作品とスージー&アンティックさんのウォルター・クレイン本たち。
ケース内のルリユール作品は、アルフォンス井上さんの『蔵書票カタログ』
柄澤齊さんの『黒富士』、『SHIP』2作品で、E氏とS氏のコレクション。






2018年9月12日水曜日

秋の図書館

秋の図書館展に出品、ワークショップも担当します。
私は初日と最終日、イベントのある日は午後から会場に居る予定です。
港の見える丘公園のすぐそば、ぜひご覧くださいませ。




秋の図書館 15人の版画家による「版画」と「本」のコラボレーション
版画と本は歴史的に深い絆があります。
本は版画の揺り籠であり、版画は本をいろどる言葉でした。
《秋の図書館》は版画と、本と、言葉の親密さを呼び覚ますための、
個性を異にする版画家たちの展覧です。
柄澤齊

関連イベント
■つのだたかし リュートコンサート
 10月6日(土) 15:00-15:45(開場14:30)
 山手ゲーテ座ホール(岩崎ミュージアム地階)
  定員80名 全席自由 料金1,000円 要予約
  ※コンサート終了後に展覧会をご覧いただけます。




■製本ワークショップ「 フランス装のノートをつくる」 
 藤井敬子
 10月14日(日) 13:00-16:00
 定員15名/先着順 要予約 参加費¥4,000(材料費込)
  ※ワークショップ参加の方は入館料不要

■ギャラリートーク「 版画と本-読むことの相関について」
 水沢勉 (神奈川県立近代美術館館長) / 司会 柄澤齊
 10月21日(日) 14:30-16:00
  定員50名/先着順 ※申し込み不要 料金:当日入館料のみ

岩崎ミュージアム・ギャラリー
〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254(港の見える丘公園前)
Tel:045-623-2111  mail:museum@iwasaki.ac.jp 
http://www.iwasaki.ac.jp/museum/
入館料:一般3 0 0 円・小中学生1 0 0 円 

2018年8月20日月曜日

京都、秋の講座

10月から始まる京都NHK教室の講座は「和と洋の本」。
和装本と洋装本の綴じ方の違いなど基本形を体験してから、それぞれのつくってみたい本を素材としてクロス装の本を作ります。




お問い合わせ先
NHK文化センター京都教室
京都市下京区四条通柳馬場西入立売中之町99 四条SETビル3F
http://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

2018年8月2日木曜日

本のワークショップ2018

毎年7月に開かれていたうらわ美術館「本のワークショップ」、今年は9月に開催です。


2018年9月15日(土)13:00-16:00「革装の手帳:ナグ・ハマディ風」
ナグ・ハマディコデックスはエジプトで発見された4世紀頃制作されたと推定される初期キリスト経写本で、中綴じによる冊子形式として知られています。
その製本スタイルを参考にして、総革装の手帳を作ってみましょう。


9月16日(日)13:00-16:00「半革装の手帳」
しぼのある山羊革は柔軟性があり丈夫な素材です。テキストを綴じる際には支持体をプリーツ構造にしてみると、背のひらきがよくなります。
お好きな紙と組み合わせて中綴じの手帳を作ってみましょう。

講師:藤井敬子 
アシスタント:佐藤真紀・中野裕子
各回中学生以上 24 名
材料費:「革装の手帳:ナグ・ハマディ風」1600円、「半革装の手帳」1200円
会場:うらわ美術館 ギャラリーD
申込み方法:8月21日(火)必着で、参加希望の日付とワークショップ名、連絡先(住所電話)を明記の上、往復はがき」または「インターネット(さいたま市生涯学習情報システム)」 にてうらわ美術館までお申し込みください。
お申込み詳細につきましてはうらわ美術館のサイトご確認ください。

うらわ美術館
330-0062 さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティー3階
TEL:048-827-3215 FAX:048-834-4327
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum